むくたうふとぅちの絵本動画DVDを製作中です!

本日、新しい企画の仕事で、動画撮影に行ってきました。実は今、出版した絵本「むくたうふとぅち」の動画絵本DVDの作成をすすめています。そのDVDは、動画絵本だけを収録すのではなく、「むくたうふとぅち」に関するさまざまな情報を網羅し、充実させた内容の作品(?)にしようと思ってます。その項目の一つに、「絵本のストーリーを現代の場所にオーバーラップさせる」という情報動画も挿入する予定です。このDVD企画は、去年から進めていましたが、しばらくは、絵本「聖なる菩提樹」の出版する事に力を入れていましたので、この企画を止めていました。それで、やっと、最近から動かせるようになり、撮影に出かけてきました。それで、その撮影場所の一つ、浦添市内間にある、首里の「玉陵」とは別の「謎の『むくたうふとぅちの墓』」と言われているところにいった時のことです、いつもの如く奇妙な出来事があったので投稿しました。
私と撮影スタッフは、その墓の撮影許可をもらおうと、管理している内間自治会の事務所を訪ねました。しかし、あいにく事務所は鍵がかかっていて、渋々あきらめて帰ろうと自治会敷地の門に向かおうとしたら、なんと、タイミング良くトラックに乗って帰ってきた自治会長さんにばったり。そこで事情を説明して快く了解を頂き、墓に向かいました。その時、私はカメラマンと顔を見合わせ、「これってもしかして偶然?」といいながら目と目を合わせました。その後、事務所から5分ほど行ったところにある「謎の墓」で撮影を終え、また事務所に戻りました。そして、お礼を伝えようと会長さんを探したところ、見あたらず、帰ろうとしました。その時です、奇妙な出来事が起こったのは。な、なんと、来た時と同じ場所で、用事(たぶん)からトラックで帰ってきた会長さんにまたも出くわしたのです。今度は、思わず苦笑いをしてしまいました。だって、撮影に行く前に何時に戻ってくるとも言わずに向かったにもかかわらず、まるで、撮影を終える時間がわかっていたかのようにぴったり現れたのです。偶然といえばそれまでですが、私とカメラマンはその後、車の中で、その話で盛り上がりました。私は「もしかしたら、見えない何かがこの企画を応援しているのかなぁ」と、またしてもプラス思考で、思い込んでしまいました。(笑)
このDVD企画は絵本と違い、製品化するには多分に時間がかかると思います。例えば、情報動画をはじめ、インタビューがあったり、読み語り音声があったり、英語字幕があったり…と、とにかく内容を充実させたDVDになる予定です。また、コンセプトとしては、「健常者だけでなく、視覚、聴覚の不自由な方、外国の方にもこのストーリーを伝えていく」です。とにかく、1日でも早い完成をめざして頑張ろう思っています。完成したらFBに投稿をしたいと考えていますので、その時は、応援、宜しくお願いします。写真は、今日行った「むくたうふとぅち」の「屋敷跡地」、「玉陵の案内石碑」、内間自治会がある「公民館の案内版」、そして、撮影許可をもらった「墓」です。(実は、その墓、前にもFBで紹介した『ちゃぬちぬちまる』の墓です)

DSC_0069

DSC_0081

DSC_0011

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です