南風原小学校で読みがたりをしてきました。

今朝、南風原小学校にて読み語りに行ってきました。約1ヶ月ぶりの読み語りだったので、だいじょうぶかなと少し不安に思っていましたが、天気も良く、私自身のコンディションも良かったので、気持ち良く実演できました。6年生全員を対象に読ませて頂いたのですが、読み終わった後に、本が出版されるまでの「誕生秘話」を話したところ、子供たちは、驚いた様子で、食い入るように話を聞いていました。それと、この絵本「むくたうふとぅち」の事を知っている生徒が一人もいなかったので、読んで良かったなぁと、思ったしだいです。今回もいつものように、読み聞かせボランティアの皆さんにも実演をしたところ、「この話をはじめて知った」という方がここでも何名かいましたので、やはり、2年たっても「まだまだ、だなあ〜」と思いつつ、次への意欲が湧き出てきたのも確かです。もちろん、皆さんも私のこの話を広める活動に興味を示され、数人の方に絵本を購入して頂きました。南風原小学校の宮平教頭先生をはじめ、声をかけて頂いた古殿さん、読み聞かせボランティアの皆さん、本日は、本当にありがとうございました。写真は、南風原小学校の「読み聞かせボランティア」の皆さんと、実演風景です。(古殿さんに大型絵本をめくるのを手伝って頂きました)これからも、機会があったら、県内の小中学校に読み語りをしに行けたらいいなぁ、と思うくらい気持ちのいい日になりました。それと同時に、私の活動にご理解、ご協力、ご支援をして頂いている皆さんがいるかこそ、こうして実演をすることができるんだなぁ、と改めて周りの皆さんに感謝の気持ちでいっぱいになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です