当社代表(照屋唯志)が自費出版した絵本「ぼくの涙はだれの涙」のご紹介

皆さんは「マングース」って
知ってますか。

実は、このマングースは外来種で
元々、沖縄には生息していなかった生き物でした。

ところが、約100年前に
インドから連れてこられたのです。
その理由は、「ハブ」や「ねずみ」等を駆除するために。

当時の沖縄では、
畑を荒らす生き物たちが多く
農家や民家でも悩んでいたという。

そこで「一役」買ったのがマングース。

ところが、時は流れ、
いつの日か、沖縄が都会化したせいもあり
マングースの活躍の場が少なくなり
終いには、異常繁殖してしまいました。

そして、平成に入った頃、
今度は、マングースは邪魔扱いされて
しまったのです。

さて、マングース達は、その事について
どう思っているのでしょうか。

この絵本に興味がある方は
下記の電子書籍ショップサイトへ

https://bpub.jp/okinawa-ebook/item/200000245049

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です