当社代表(照屋唯志)が自費出版した小説「ウガン島」のご紹介

あまりにも有名になってしまった
沖縄のパワースポット「久高島」。

この小説は、その「久高島」が舞台です。

タイトルは故意に変えましたが
実際、島を取材をして書きました。
もちろんフィクションです。
(注:主人公は架空の人物)

モチーフになった「イザイホー祭り」は、
島独特の行事でしたが、
今から、42年前(1978年)に
島の過疎化が原因で途絶えました。

ところが、その行事を続けたい
私の「一心」から、小説の中で
継承する事になっています。

神道とは…仏教とは…、

それからあらゆる宗教の頂点は一つではないか…、
そんな思いを彷彿させるミステリアスな作品に
仕上げてみました。

 

この小説に興味がある方は
下記の電子書籍ショップサイトへ

https://bpub.jp/okinawa-ebook/item/200000245082

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です