当社代表(照屋唯志)が自費出版した小説「マリーという女」のご紹介

沖縄は米軍基地が
日本全土にある基地の
約70%を締める県。

この小説は、混血児であるが故に
人生を翻弄されたひとりの「女性」と
主人公の恋愛物語になっています。

物語の時代背景が、
その頃の基地が隣接された沖縄の
社会情勢が伺える内容になっています。

実際にモデルがいる小説ですが
基本的にはフィクションです。

表現がチープな
文章の部分も多々ありますが、
ストーリーとしては、
楽しめるかもしれません。

この小説に興味がある方は
下記の電子書籍ショップサイトへ

https://bpub.jp/okinawa-ebook/item/200000245081

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です