当社代表(照屋唯志)が自費出版した絵本「なかまさがし」のご紹介

子供たちにとって人気のある生き物は
何だと思いますか?

そう、それはカエルです。
この絵本を持って、保育園や幼稚園で
案内をしたときに気づきました。

殆どの園には水槽があり、
「おたまじゃくし」を飼っていて、
カエルになっていく様子を楽しんでいました。

私の住む沖縄だけなのかもしれませんが
子供、大人問わず、カエルファンは
全国にも多いと思います。

ほんと、カエルは不思議な生き物です。

小さい時は「おたまじゃくし」と呼ばれ
大人になると「カエル」になる。

この絵本は、そんな成長段階を
「なかまさがし」の旅を通して
描いた作品です。

実は、この物語に隠された
もう一つのテーマは
絶対比較と相対比較です。

この絵本に興味を持った方は
下記の電子書籍ショップサイトへ

https://bpub.jp/okinawa-ebook/item/200000245050

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です