当社代表(照屋唯志)が自費出版した絵本「むくたうふとぅち」のご紹介

皆さんは「むくたうふとぅち」って
知ってますか。

彼は、琉球王朝時代(500年前)に
首里王府に務めていた「占い師」です。
いわゆる「諸葛孔明」みたいな方。

その方は、沖縄本島南部、
今の「南城市」で生まれ、
ある事がきっかけで首里城まで
昇った方です。

首里城に務めてから
しばらくたってからの事、
彼の身に「陰謀」ともいえる出来事があり
数奇な運命を辿ってしまいます。

しかし、その「神通力」が
本物だった証として
あの有名な沖縄の観光名所「玉陵」に
魂が納められています。

「玉陵」事務所地下展示室には
「木田大時(むくたうふとぅち)」の物語が
パネルでも紹介されています。

 

この絵本に興味がある方は
下記の電子書籍ショップサイトへ

https://bpub.jp/okinawa-ebook/item/200000245083/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です