当社代表(照屋唯志)が自費出版した絵本「聖なる菩提樹」のご紹介

皆さんは「菩提樹」っていう木を
知ってますか。

そう、あのお釈迦様が「悟り」を
開いた時に後ろで見守っていたという
聖なる「菩提樹」です。

その血統(遺伝子を繋いだ)が樹は
約2300年前から現在まで
受け継がれていて
その「聖なる菩提樹」は、
インドを拠点とする
世界には「4つ」しかないと
言われています。

なんと、その一つが
私の住む「沖縄」にあるのです。
それも糸満市に。

それは何故でしょうか。

こんな小さな「沖縄」に
「聖なる菩提樹」がやってきた意味が
この絵本には書かれています。

皆さんは、きっと納得される
ことと思いますよ。

 
この絵本に興味がある方は
下記の電子書籍ショップサイトへ

https://bpub.jp/okinawa-ebook/item/500000515194

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です