絵本2冊の読み語り実演に行ってきました。(長嶺小学校にて)

本日1/31(金)、

「むくたうふとぅち」と

「なかまさがし」、

2冊の読み聞かせ実演に

行ってきました。

場所は、豊見城市にある長嶺小学校。

1年3組では「なかまさがし」。

読み語りボランティアの皆さんには

「むくたうふとぅち」。

心地よく読ませて頂きました。感謝です。

1年生の生徒からは、

「カエルは何から生まれてきたの」

「カエルの体の型はどのようにして作られたの」

「おたまじゃくしは、お母さんカエルの

 どこから生まれてくるの」…などなど、

応えるのに困った質問がいっぱいありました。

私は、目を見開いて

「いい質問だねー。

 今度、大きな図書館で調べてみてね。」

と、その場しのぎで応えてしまいました。(汗)

ボランティアの皆さんは

この話をはじめて聞いた方が殆どで、

出版して約4年がたつというのに

まだまだ広まっていないんだなー、と

思いました。

そして、

「そうか、これからも積極的に

 読み語り実演をやっていこう」

という気持ちになった次第です。

ボランティアの方には、

「琉球王朝時代の歴史を

風化させないように

こういった話を絵本にし、是非、子供たちを

はじめとする、いろいろな方々に

語り継いで下さいね」

と、応援メッセージも頂きました。

また、ある方は、

「この話しは、

子供だけでなく大人にも

読んで頂きたいですね。」

と声をかけてきました。

本日は、長嶺小学校の

読み語りボランティアの皆さん

お招き頂き

ありがとうございました。

DSC_0078

DSC_0089

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です